楽天市場でみんなはどんな物を買ってるんだろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山村宏樹「楽天イーグルス優勝への3251日」が、案外面白かった。

久々に本を読んだんだけれど、去年まで楽天イーグルスで活躍していた、
山村宏樹さんの本が面白かったので、ちょっくらご紹介。


いや、新聞のコラムなどでもお名前を拝見し、
なかなか面白く、かつ、球団愛にあふれたコメントで
「文才あるなぁ」とは思っていたんですよ。
楽天ファンなら「今年のMVPはマー君じゃなく藤田一也」と
山村さんが指摘していたと知ったら、一気に山村ファンになると思います。


この本は、新設球団ならではの苦労から、
野村政権・ブラウン政権・星野政権に至るまで、
(もちろん震災のことも含め)
裏で選手たちや球団スタッフがどれだけ頑張っていたかを
読みやすい筆致でまとめたもので、なかなか面白い一冊に仕上がっています。


なかでも、米田球団(元)代表と、山崎武司選手の奮闘ぶりが
とても印象に残りました。米田さんなんて良い印象無かったのになぁ。


新設の球団がわずか9年で優勝してしまうなんて、正直、誰も想像していなかったこと。
けれど、その実現のために、多くの人たちが真心こめて努力していたことが分かり、
なんか、ほんわかした気持ちになれたのでした。


楽天イーグルスのファンにも、そうじゃない他球団ファンの方にも、オススメです。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。